マイクロコントローラの多電源ピンLECCS-coreモデルの構築

中村 克己  南澤 裕一郎  豊田 啓孝  古賀 隆治  和田 修己  斎藤 義行  中村 篤  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J89-C   No.11   pp.833-842
公開日: 2006/11/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (次世代電子機器における先端実装技術と電磁波ノイズ低減技術論文特集)
専門分野: 電源ノイズとモデル化技術
キーワード: 
EMIシミュレーション,  電源端子電流,  EMCマクロモデル,  LECCS-core,  多電源ピンLSI,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは,LSIの電源系高周波電流による電磁妨害波(EMI,Electromagnetic Interference)のシミュレーションを目的としたEMCマクロモデルとしてLECCS-coreモデルを提案している.本論文では複数種の電源端子を有し,かつ,異なる電源種の回路間が電気的に結合しているLSIに対し,LECCS-coreモデルの構築方法を検討した.実際に3種類の電源端子を有するマイクロコントローラH8/3694Fを用いて,Sパラメータ測定と等価回路変換から等価内部インピーダンスを抽出した.次に,測定した等価内部インピーダンスと電源端子電流より,位相情報をもつ内部電流源を電源種ごとに導出した.作成したモデルの検証として,バイパスコンデンサによるデカップリング効果をシミュレーションし,実測と比較した.その結果,約300 MHzまでの電源系高周波電流を精度よくシミュレーションできることを示した.