UWB・無線LAN対応広帯域平面ダイポールアンテナの検討

堀田 篤
岩崎 久雄

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B    No.9    pp.1633-1640
発行日: 2006/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (無線応用システムの進展と多様化を支えるアンテナ・伝搬の設計・解析・測定技術論文特集)
専門分野: アンテナ設計・電磁界解析
キーワード: 
UWB,  無線LAN,  広帯域,  平面ダイポール,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入



あらまし: 
近年,高速・大容量な近距離無線通信システムを実現できるUWB(Ultra Wideband)技術が注目されている.UWBでは3.1~10.6 GHzの帯域を使用するため,より広帯域な特性を得られるアンテナが活発に研究開発されている.また,無線LAN等の他の無線通信システムとの共用アンテナについても研究が盛んに行われている.本論文では,UWBの超広帯域な帯域幅を満たす平面型のダイポールアンテナ,また2.4 GHz帯無線LANのIEEE802.11 b/gとUWBの双方で使用可能な平面型非対称ダイポールアンテナを台形形状の導体に対し,広帯域化手法を提案する.インピーダンス特性,各周波数帯における指向性について解析と測定を行い,解析結果と測定結果がほぼ一致することを確認した.更に群遅延特性についても測定を行い,検討した.本提案手法により,UWBと2.4 GHz帯無線LANの双方において有効であるアンテナを実現し,広帯域化手法の有効性を示した.