LT符号を用いたマルチキャスト配信における差分ダウンロード方式

佐々木 力  小林 修  田上 敦士  長谷川 輝之  阿野 茂浩  長谷川 亨  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.8   pp.1379-1389
発行日: 2006/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (シームレス通信サービスのためのネットワーキング技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
マルチキャスト,  FEC,  LT符号,  ユニキャスト,  信頼性,  

本文: PDF(462.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,マルチキャスト配信時間という現実的制約に着目し,LT符号を用いた蓄積型コンテンツ配信における効率的な信頼性保証技術について提案する.近年,インターネットやモバイル網上でのマルチキャスト配信を対象とした低負荷で高い回復能力を有するFECとして,XOR演算に基づいたerasure codesが注目されている.特に,LT符号は,配信時間の拡大に伴い信頼性が向上するため,全受信者への配信が完了するまで配信を継続すればよい.しかしながら,マルチキャスト帯域の有効利用やサービス提供上の制約等により,1コンテンツ当りのマルチキャスト配信時間が固定されることが想定される.このような場合,すべての受信者への配信を保証するために,配信が完了していない受信者が差分データを送信者に直接要求するユニキャストベースの回復方式が必要である.我々はLT符号の特徴を考慮した要求データ選択手法を提案し,計算機シミュレーションにより有効性を確認した.