計算機移動やデバイス移動に対してもサービスが継続可能な遠隔デバイスアクセス機構

尾崎 亮太  日高 宗一郎  児玉 和也  丸山 勝巳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.8   pp.1357-1366
発行日: 2006/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (シームレス通信サービスのためのネットワーキング技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
遠隔デバイスアクセス,  ネットワーク透過性,  計算機移動,  デバイス移動,  

本文: PDF(379KB)>>
論文を購入




あらまし: 
計算機に接続されたデバイスにネットワーク上の別の計算機からアクセス可能とする技術は,ネットワーク構成や計算機やデバイスの接続方式に左右されることなく遠隔デバイスアクセスを実行し,環境の変化の影響を可能な限り隠ぺいすることが望まれる.本論文では,このような要求にこたえる遠隔デバイスアクセス機構について報告する.実現したシステムは,OSが提供するデバイスアクセスAPIによる遠隔デバイスアクセス,ファイアウォールによりアクセス制限があるサブネットワーク間の遠隔デバイスアクセス,IPアドレスやデバイス接続先計算機の変化に対してサービス継続が可能などの特徴をもつ.またデバイス特性をもとにした評価実験により,NextDが遅延への要求が高いデバイスの性能要件を満たしていることが分かった.