航空機からのGPS掩蔽(えんぺい)観測による大気屈折率計測

吉原 貴之  藤井 直樹  齊藤 真二  坂井 丈泰  松永 圭左  星野尾 一明  津田 敏隆  青山 雄一  淡野 敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.7   pp.1233-1241
発行日: 2006/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (観測・計測・探査における電波応用の最新技術論文特集)
専門分野: GPS利用
キーワード: 
航空機観測,  GPS,  水蒸気,  リモートセンシング,  数値気象予報モデル,  

本文: PDF(795.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
数値気象予報の精度向上に寄与する対流圏下部の水蒸気高度分布情報,特に観測密度が希薄な海洋上での情報を得るため,航空機を利用して航空機高度以下の大気屈折率を計測するダウンルッキングGPS掩蔽観測が提唱されている.本研究ではこの観測手法を実現するため,通常のGPS測位に用いる高仰角GPS衛星信号に加えて地表近くを伝搬する微弱な掩蔽GPS衛星信号を追尾する二系統のGPS受信信号に対応した二つのRFフロントエンドをもつ高感度受信システム,並びに航空機速度の影響を受信データから除去するためにGPS及び慣性航法装置(INS)出力をハイブリッド処理する速度計測システムを開発した.更に,これらを実験用航空機に搭載して実証実験を試み,世界で初めて航空機からのダウンルッキングGPS掩蔽観測による大気屈折率高度分布の導出に成功した.