ドップラー周波数の影響を受けない合成帯域レーダ

原 照幸  関口 高志  千葉 勇  和高 修三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.7   pp.1131-1140
発行日: 2006/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (観測・計測・探査における電波応用の最新技術論文特集)
専門分野: 目標推定・測距
キーワード: 
パルスレーダ,  合成帯域処理,  高距離分解能,  ドップラー周波数補正,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
合成帯域処理は,パルスごとに周波数を一定の周波数ステップずつ変化させて送信し,目標から反射してきた各受信パルスをそれぞれ送信周波数と同じ周波数,同じ初期位相の局部発振信号を用いてダウンコンバートし,得られた複数のI, Qビデオ信号を逆フーリエ変換することによって,帯域を合成する方法である.このような処理を行うことによって,受信機の帯域や,A-D変換器のサンプリング周波数に制限されることなく,高い距離分解能での測距が可能になる.しかしながら,合成帯域処理を行うレーダを搭載したプラットフォームと目標間の相対速度が0でない場合,目標との相対速度に起因するドップラー周波数の影響によって,測距結果を間違う問題が生じる.そのような問題を解決するために,1組の合成帯域処理の受信信号のみで相対速度計測を行い,その結果を用いて,同じ合成帯域処理の受信信号に対してドップラー周波数補正を行った後に帯域の合成を行って高分解能距離情報を得ることができるドップラー周波数の影響を受けない合成帯域処理を提案する.