電波干渉計による静止衛星追尾と軌道推定フィルタリングの開発

川瀬 成一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.7   pp.1104-1111
発行日: 2006/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (観測・計測・探査における電波応用の最新技術論文特集)
専門分野: レーダ・信号処理
キーワード: 
静止軌道の混雑,  電波干渉計,  拡張カルマンフィルタ,  

本文: PDF(767.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
静止衛星の軌道を実時間推定するフィルタリングの技法を述べる.追尾に用いる電波干渉計は,基線の方位を水平面内で変えることができ,2方位へ周期的に基線を向け替えながら追尾データを取得する.軌道推定の目的は,多くの通信衛星で軌道が混み合う状況を調べることにあり,その実例として,衛星の三次元軌跡の推定,及び経度の長期履歴の推定を示す.これらの推定は特に,複数の衛星が互いに接近しすぎるおそれがあるときに監視手段として用いることができる.