アドホックネットワークにおける更新ログ配布方式

林 秀樹  原 隆浩  西尾 章治郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.6   pp.859-872
発行日: 2006/06/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (無線アドホックネットワーク技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
移動体計算環境,  アドホックネットワーク,  複製配置,  データ更新,  データ利用性,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
データ更新の発生するアドホックネットワークでは,オリジナルデータをもつ移動体と接続していない移動体は,自身のもつ複製とオリジナルが同じバージョンであるかを確認できない.本論文では,複製に対する暫定的なアクセスの有効性を効率的に確認するために,各移動体が他の移動体に自身の管理する更新ログを配布する二つの方式を提案する.一つ目の方式では,オリジナルをもつ移動体のみが更新ログを管理し,データアクセスしてきた移動体に更新ログを配布する.二つ目の方式では,他の移動体も更新ログを管理し,新しく接続した移動体同士で更新ログを再配布する.更に本論文では,提案方式の性能評価のために行ったシミュレーション実験の結果を示し,その有効性を検証する.