スペクトル拡散レーダにおける処理速度向上のための可変拡散系列長方式

和田 友孝  岡田 博美  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B   No.12   pp.2253-2258
発行日: 2006/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ミリ波レーダ,  スペクトル拡散,  可変拡散系列長,  距離分解能,  相関処理,  

本文: PDF(855.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
スペクトル拡散方式を車載レーダに適用する場合には,車間距離の計測時間を高速化し,余裕をもって制御させなければならない.一方,相関処理に時間がかかるのを避けるためにPN系列のチップレートを低下させると,距離分解能が低下し正確な距離計測をすることができなくなる.したがって,測距をする上で,拡散符号の拡散率を低下させずに相関処理を高速化することが要求される.これらのニーズに対する研究はほとんど行われていない.そこで,相関処理を高速化して車間距離データの更新を早めることにより精度と信頼度を高めることを目的として,並列化マッチドフィルタを用いた可変拡散系列長方式を提案する.