寄生素子付円偏波円柱形誘電体共振器アンテナ

佐久間 徹
斉藤 嶺
野口 啓介
水澤 丕雄
別段 信一
片木 孝至

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B    No.12    pp.2206-2215
発行日: 2006/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
誘電体共振器アンテナ,  円偏波,  寄生素子,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入



あらまし: 
ストリップ状の寄生素子を上面に設置しスロットで励振した円柱形誘電体共振器アンテナについて取り上げ,その円偏波特性について解析している.寄生素子が円偏波の発生に与える効果を明らかにすることをねらいに,寄生素子を配置する角度,寄生素子の長さと幅,誘電体共振器の直径と高さ,及びスロットの長さと幅を変化したときの円偏波特性について,有限要素法を用いた数値解析を行っている.ビーム軸方向における遠方界の直交する電界成分に着目し,電界の振幅と位相差に及ぼす各パラメータの効果を数値解析により定量的に明らかにしている.その結果をもとに良好な軸比を得るために効果的なパラメータの選定を行った.選定したパラメータを用いて軸比の改善を行った結果,ビーム軸方向で0.21 dBの軸比が得られた.数値解析をもとに試作実験を行い,円偏波特性及びインピーダンス特性がほぼ一致することを確認した.