OFDM地上波ディジタルテレビ放送信号のFM変調による衛星伝送

コイルー アンワル  原 孝雄  岡田 実  山本 平一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J89-B    No.11    pp.2117-2126
発行日: 2006/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
ディジタルテレビ放送,  OFDM,  FM,  PAPR,  衛星通信,  

本文: PDF(412.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
新しい地上波ディジタルテレビ放送信号はOFDM方式を採用しているが,この方式は信号のピーク電力対平均電力比(PAPR)が大きいという本質的な問題を有している.本論文はディジタル地上放送の補完網として衛星伝送を提案し,二次変調として信号エンベロープが一定なFM方式を採用することで大きなPAPRに対しても衛星電力の有効利用が可能となり,この問題が解決できることを示している.OFDM信号をクリッピングによってピーク電圧を抑圧することで,より大きなFM利得が得られることを解析的に示し,一方でクリッピングにより生ずるBERの劣化をシミュレーションによって求め,クリッピングの度合についてシステムの最適化を図った.また受信局の規模や運用コストを考慮しながら,実際の衛星回線を想定した回線設計を行い,衛星中継器の伝送容量や回線品質など総合的な伝送特性について論じている.