超音波キャビテーションのエタノール添加効果

林 悠一  船山 幸多  崔 博坤  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J89-A    No.9    pp.698-704
発行日: 2006/09/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (超音波キャビテーションの科学と応用論文特集)
専門分野: 気泡ダイナミックスと発光
キーワード: 
ソノルミネセンス,  マルチバブル,  OHラジカル,  エタノール,  KI定量法,  

本文: PDF(850.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
超音波周波数116 kHz,1.0 MHzにおいてエタノール水溶液からのマルチバブルソノルミネセンス(MBSL)スペクトルを測定した.アルゴン飽和水にエタノールを添加し,濃度範囲2~100 mMとした.OHラジカルに起因する発光ピークはエタノール濃度20 mMまでに急速に消光し,連続スペクトルは100 mMまで指数関数的に消光した.MBSLスペクトルのエタノール濃度依存性について周波数効果はなかったが,1.0 MHzでのみ濃度2 mM,10 mMにおいて385 nmに新たな発光ピークを観測した.その原因としてCN分子発光の可能性を示唆した.ヨウ化カリウムを加えたエタノール溶液の吸光度測定からOHラジカルの減少量を調べたところ,その濃度変化はMBSLの濃度変化より緩やかであり,OHラジカル反応が反映する温度はソノルミネセンス温度とエタノール分解物が反映する温度の中間であることが示唆された.