法演算を用いるJPEG 2000符号化画像への情報埋込法

金 弘林  藤吉 正明  関 裕介  貴家 仁志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J89-A   No.3   pp.234-242
発行日: 2006/03/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像
キーワード: 
離散ウェーブレット変換,  量子化,  係数和,  量子化誤差補償,  興味領域,  

本文: PDF(601.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文はJPEG 2000符号化画像の量子化された離散ウェーブレット変換係数へ多値情報を埋める情報埋込法を提案している.提案法は,量子化された,すなわち,整数である離散ウェーブレット変換係数へ整数情報を加減算することで情報を埋めるため,JPEG 2000符号化手順へ影響せず,JPEG 2000符号化列の構造を保持する.また,法演算を用いることで,情報埋込による画質低下を低減する.更に,埋めた情報の抽出時に,操作した変換係数の位置の特定が不要である.したがって,任意の変換係数へ情報を埋めることが可能である.このことは,JPEG 2000符号化が有する興味領域(ROI)機能を考慮した情報埋込に適している.シミュレーションにより提案法の有効性が示されている.