オーバサンプリングされたOFDM信号に対するピーク電力抑圧法とそのニューロハードウェア化

森 敦史  太田 正哉  山下 勝己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J89-A   No.3   pp.226-233
発行日: 2006/03/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: スペクトル拡散技術
キーワード: 
OFDM,  ピーク電力抑圧,  ニューラルネットワーク,  FPGA,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
OFDM通信方式は周波数利用効率が高く,マルチパスに強いなどの特徴を有しており,近年注目を集めている通信方式である.OFDM信号はしばしば高いピーク電力をもつが,これが非線形増幅器により増幅されると通信品質が劣化し,帯域外に不要な電力放射を生じるため,その抑圧が重要である.本論文では,オーバサンプリングされたOFDM信号におけるピーク電力抑圧問題を,相互結合型ニューラルネットワークを用いて解決する手法を提案する.数値実験により,提案法のピーク電力抑圧性能とそれに伴って低減される帯域外放射電力及びビット誤り率について評価する.またピーク電力抑圧問題を実時間で処理できるニューロハードウェアを試作し,その性能を評価する.