無発声音声認識:筋電信号を用いた声を伴わない日本語5母音の認識

真鍋 宏幸  平岩 明  杉村 利明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.9   pp.1909-1917
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: マルチメディア処理
キーワード: 
音声認識,  筋電信号,  無発声,  ,  

本文: PDF(917.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,声を出すことなく口パク動作を行うだけで発話内容を認識する無発声音声認識を提案し,その基礎実験の結果について報告する.無発声音声認識により,発声行為が周囲の人々に迷惑となるマナー的問題や,雑音環境下において音声認識の認識率が低下する問題を解決することが可能となり,携帯電話への応用が期待できる.無発声音声認識の実現へ向け,筋電信号を用いる方法について検討を行った.まず,日本語5母音の無発声発話動作時の筋電信号を測定した.指輪型電極を用いることで簡便な測定が可能である.次に測定した筋電信号を,ニューラルネットワークを用いて認識し,通常発声時における母音の持続時間よりも十分に短いフレーム長を用いた場合でも,90%以上の精度で認識できることを明らかとし,筋電信号には母音の特徴が見られることを示した.