画像内の物体抽出技術を用いた高速投球軌跡作画手法

高橋 正樹  三須 俊彦  合志 清一  藤田 欣裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.8   pp.1672-1680
発行日: 2005/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 映像メディア処理
キーワード: 
オブジェクト,  抽出,  追跡,  カルマンフィルタ,  

本文: PDF(801.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像内の物体(オブジェクト)抽出技術を用いて野球映像からボールを抽出し,その位置情報をもとに投球軌跡CGを作画する手法を考案した.複数の画像間差分を利用して高速移動オブジェクトを抽出し,様々な画像特徴のフィルタリングを行うことでボールオブジェクトのみをロバストに選定する.またカルマンフィルタと最小二乗法を併用したボールの位置予測処理を行い,高速な自動追跡処理,及び高輝度領域(打者のユニフォーム部分や白字広告部分等)での軌跡作画を実現した.本手法を利用し,投球軌跡作画装置(B-Motion)を開発した.野球中継においては新たなカメラの設置やキャリブレーションの必要がないため,運用が容易である.2004年よりNHKプロ野球中継,スポーツ教育番組にて放送応用を実現している.本論文ではまず高速なボール抽出・追跡手法について述べ,続いて軌跡作画手法及び装置の構成や特徴について述べる.最後に本装置を放送へ応用した結果を報告する.