環境モデルの導入による人物追跡の安定化

鈴木 達也  岩崎 慎介  小林 貴訓  佐藤 洋一  杉本 晃宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.8   pp.1592-1600
発行日: 2005/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 顔・身体動作認識
キーワード: 
人物追跡,  パーティクルフィルタ,  情報統合,  環境モデル,  

本文: PDF(866.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
分散配置されたセンサ群からの入力情報の統合により,三次元空間における実時間追跡を行う.具体的には,パーティクルフィルタによる人物追跡において,多視点画像の統合に加え,レンジセンサから得られる室内形状情報を利用し,室内空間における人物頭部の存在可能性の偏りを考慮した人物頭部の位置及び向きの推定を行う.提案手法により,室内空間の環境モデルを考慮した人物頭部の安定した実時間追跡が可能になる.実環境下での実験によって本手法の有効性を確認した.