身体動揺を考慮した人体部位の形状計測法

舩冨 卓哉
飯山 将晃
角所 考
美濃 導彦

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2    No.8    pp.1530-1538
発行日: 2005/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 三次元形状
キーワード: 
人体形状計測,  光切断法,  身体動揺,  

本文: PDF(891.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
光切断法による人体の三次元形状計測では,人が完全に静止できないことに起因する計測形状のひずみを軽減するため,計測の高速化が図られてきた.これに対し,本研究では,形状計測中の体の揺れである身体動揺を部位ごとに計測し,これに基づいて計測形状を補正することにより,計測の高速化をしなくても計測精度を向上させる手法を提案する.実験により,光切断法による計測精度が1 mm以下であっても,身体動揺の影響で計測形状の誤差が10 程度になること,提案手法では2 mm程度の計測精度を達成できることを示した.