偏光レイトレーシング法による透明物体の表面形状の推定手法

宮崎 大輔  池内 克史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.8   pp.1432-1439
発行日: 2005/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: コンピュータビジョン
キーワード: 
偏光,  形状推定,  透明物体,  レイトレーシング,  ミュラー計算法,  

本文: PDF(644.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
透明な物体の形状を計測する簡便な手法は少ない.本論文では光の偏光状態を解析することにより透明物体の表面形状を推定する手法を提案する.従来の方法は透明物体内部を光が反射・屈折・透過する現象を詳しく解析していないため十分な精度が得られない.提案手法では光の偏光状態と光の反射・屈折・透過を計算する方法として偏光レイトレーシング法を用いる.偏光レイトレーシング法でレンダリングされた偏光データと実物体の偏光データとの差を提案する反復計算法で最小化することにより,従来法よりも高い精度で透明物体の表面形状を推定する.