四次元頭部骨格モデルを用いたリアルタイム顎運動解析システム

大竹 義人  鈴木 直樹  服部 麻木  重田 優子  小川 匠  福島 俊士  小林 馨  内山 明彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2    No.7    pp.1216-1226
発行日: 2005/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
顎運動解析,  リアルタイムイメージング,  四次元動作解析,  モーションキャプチャ,  

本文: PDF(1019.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
顎運動の解析は歯科補綴,矯正,口腔外科等の臨床で診断,治療の指針として古くから用いられてきた.しかし,従来の解析方法は下顎骨上あるいはその近辺の数点の軌跡を対象とした,二次元的な評価や,標準的な人体の骨格形状を仮定した解析,あるいは下顎頭などの骨の一部分の形状を考慮した解析であり,被験者ごとの解剖学的な骨全体の形態と運動との関連を正確にとらえることは難しかった.我々はCTから得られた被験者ごとの骨の形態情報と,歯列に設置した赤外線マーカから得られる下顎の動きの情報とを統合し,リアルタイムイメージングの技術を用いて顎関節内部の状況をリアルタイムに可視化,解析することが可能なシステムを開発した.これにより,下顎骨全体の三次元的形態とその時間的な移動,すなわち四次元的な顎関節機能の定量的解析をリアルタイムに行うことが可能となった.本システムは,顎運動の異常に起因すると考えられる骨変形の原因解明や,顎関節症患者の治療方針の検討,患者への説明など様々な応用が可能である.また今後,更なる精度検証を行うことで歯科治療におけるナビゲーションシステムとしても臨床利用可能なシステムとなると考える.