高パケットロス耐性を有する広帯域音声符号化法

森 岳至  大室 仲  日和崎 祐介  栗原 祥子  片岡 章俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.7   pp.1103-1113
発行日: 2005/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
VoIP,  音声符号化,  スケーラブル符号化,  パケットロス,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,パケットロスに対してロバストな広帯域音声符号化法及びパケット送信制御法を提案する.符号化は4 kHz帯域CELP型音声符号化をベースに,主に非音声部分用の音質補償拡張コーデックと4 kHz以上の高域部分を符号化する高域部拡張コーデックのMDCT変換符号化により多段で符号化することで,広帯域の音声だけでなくBGMなどの非音声信号も高音質に符号化することができる.また,上記符号化法とパケット送信制御を組み合わせることにより,ネットワークがふくそうしパケットロスが発生した場合にも音質を極端に劣化させることなく音声通信を継続することができる.本手法によりIPネットワーク上で音声通信を行った場合,10%程度のランダムパケットロスが発生しても従来の符号化法に比べて高音質での音声通信が行えることを客観評価及び主観評価により示した.