視野の動きに誘発される短潜時追従性腕応答の視覚-運動座標変換

西條 直樹  五味 裕章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.5   pp.934-942
発行日: 2005/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
運動制御,  視覚,  到達運動,  短潜時,  座標変換,  

本文: PDF(941.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
腕の到達運動中に広い視野の突然の動きが起きると,短潜時で手先がその動きの方向へ加速される追従性腕応答が誘発される.本研究では,この応答を生み出す腕の運動指令へ視野の動きの情報を変換する中枢系の計算メカニズムを調べるため,平面上の到達運動中に様々な方向へ視野の動きを与え,手先運動と筋活動に現れる応答を解析した.視野の動きに対して,手先はほぼその方向へ加速されたが,腕運動課題が異なると,その加速度応答の方向も変化した.この加速度応答を生成する筋活動応答の大きさは,背景筋活動の上昇とともに増加した.これは追従性腕応答における視覚-運動座標変換が,随意運動指令の影響を受けて変化することを意味する.また,筋活動応答の大きさは視野の動きの方向に応じて変わり,応答を最大にする最適刺激方向が存在した.課題間で腕の姿勢が異なる場合,この筋活動応答の最適刺激方向が変化し,手先加速度応答の方向を視野の動きの方向へ近づけるよう作用した.この結果は,中枢系が腕の姿勢を考慮し,視野の動きと運動指令の間のコーディネーションを変化させるメカニズムの存在を示唆する.