実環境ナビゲーションタスクへの即応性のための知識再利用型学習システムの提案

小川 昭利  大森 隆司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D2   No.2   pp.378-389
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
知識再利用,  即応性,  神経回路,  ナビゲーション,  遺伝的アルゴリズム,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在の実世界で活動する知的エージェントの特性の一つは,事前にタスクを限定できないために学習が必要となり,学習のために非常に多数回の試行が必要となることである.しかし実世界ではエージェントは次々と新しいタスクに直面し,多数回の試行錯誤は現実的な学習問題の壁になっている.ここで多数の試行回数が必要となるのは,何もない状態からの学習を想定するからであり,既得の知識を再利用するならば少ない試行回数で学習を終えてタスクへの即応性が実現できる可能性は高い.そこで本研究で我々は,知識の再利用によって過去の経験に類似の問題の即応的な解決を行う神経回路学習システムを提案する.そしてナビゲーションタスクを例題として,知識再利用時の即応性の観点から,提案学習システムが他手法と比較して有効であることを示す.