表形式情報集約のための連想性の高いオブジェクトラベルの自動抽出方式

服部 元  松本 一則  菅谷 史昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.9   pp.1467-1476
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: インタラクション/インタフェース応用
キーワード: 
連想性の高いオブジェクトラベル,  情報集約エージェント,  表形式情報,  WWW,  

本文: PDF(402.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,Webの情報量は爆発的に増加している.Webページ中の個々の情報は値だけではなく表示位置も変化する場合があり,更にその更新頻度が高い特徴をもつ.そのためユーザがWebページから情報抽出を行うには,ブラウジングや検索,抽出,集約といった作業を継続的にかつ頻繁に行う必要があり,作業コストがかかる問題がある.よってこれらの作業をユーザの代わりに行うことでユーザの作業コストを削減する情報集約エージェントシステムが必要である.このシステムの機能要件は,ユーザの仕事を最小限にすること,表示位置が変化する情報を追跡して収集すること,更に収集した情報を端的に表す適切なキーワードを付与してユーザに分かりやすい集約表示をすることを軽量な処理で実現することである.しかしながら,既存の情報集約エージェントシステムでは適切なキーワードを抽出する機能はなく,また抽出するためにはユーザの作業を伴うため,機能要件を満たさない.そこで本論文では連想性という概念を導入し,ユーザの作業コストを最小限にしながら適切なキーワードを抽出することによりすべての要件を満たす情報集約方式を提案する.