能動視覚エージェント群の密な情報交換による多数対象の実時間協調追跡

浮田 宗伯  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.9   pp.1438-1447
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: インタラクション/インタフェース応用
キーワード: 
能動視覚エージェント,  多数対象追跡,  実時間通信,  分散協調視覚,  

本文: PDF(656.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
我々は,ネットワーク接続された計算機とアクティブカメラの組の論理モデルである能動視覚エージェント(Active Vision Agent,略してAVA)群の協調動作による複数対象の実時間追跡システムを提案している.このシステムでは,同一対象を注視するAVA群がグループ(エージェンシ)を構成し,AVA群及びエージェンシ群が相互に交換する対象情報に基づいて各AVAが役割を適応的に変更することより,複数対象追跡が実現できていた.しかし,この従来システムでは,同時に追跡可能な対象数が限られていた.本論文では,情報交換に伴う通信量の増加を抑えたまま,更に密なAVA間の情報交換を実現するように協調追跡プロトコルを拡張し,より多数の対象を同時追跡可能なシステムを実現する.提案システムでは,(1)観測画像上に映っている自身の追跡対象以外の対象情報を他エージェンシに提供するAVAと,(2)他対象を注視しているAVAから集まる情報のみに基づいて自身の追跡対象情報を獲得する空エージェンシ,によって多数対象追跡を実現している.実験により,提案システムが多数対象(カメラ数以上の対象)を実時間で同時追跡可能なことを確認した.