一般化相互割当問題のための分散ラグランジュ緩和プロトコル

平山 勝敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.9   pp.1269-1277
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: モデル/理論
キーワード: 
分散問題解決,  一般化割当問題,  ラグランジュ緩和,  

本文: PDF(216.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
容量制約がある複数の機械(エージェント)に仕事(ジョブ)を適切に割り当てるという問題は,オペレーションズリサーチの分野では一般化割当問題として比較的古くから研究されている.本研究では,この一般化割当問題を拡張し,複数のエージェントが相互にジョブを適切に割り当てることを目指す一般化相互割当問題を導入する.また,それを解く分散型の解法である分散ラグランジュ緩和プロトコルを提案し,その性質を実験により明らかにする.