リズムと打拍フォームに基づく打楽器学習支援システムの開発と評価

辻 靖彦  西方 敦博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1    No.2    pp.508-516
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 教育学習支援システム
キーワード: 
打楽器演奏,  打拍フォーム分析,  モーションキャプチャ,  MIDI楽器,  打楽器学習支援システム,  

本文: PDF(615.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
打楽器の演奏において,演奏の際の打拍フォームは打楽器自体のもつ良い音を出すためにも,またノリの良い演奏をするためにも重要である.我々は,フォームの改善により間接的に演奏者の演奏能力を向上させることを目的とし,打楽器の演奏支援をフォーム改善の観点から試みている.本論文では,リズムのずれ,打拍フォームのずれ,手首の振り幅,叩いた強さのフィードバックが可能な打楽器学習支援システムを開発し,打楽器未経験者24人に対して評価実験を行った.その結果,リズムのフィードバックによって演奏改善を確認した.また,打楽器経験者3人に主観評価アンケートをした結果,「このシステムはリズム感を良くするのに役立つ」,「このシステムのアクセント付与機能は練習になる」等の評価を得た.