医療情報流通プラットホームにおけるセキュリティ機構の開発

清本 晋作  田中 俊昭  三宅 優  三田村 好矩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.2   pp.378-390
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: セキュリティ
キーワード: 
医療情報,  属性認証,  P2P,  セキュリティ,  

本文: PDF(607.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
医療の分野において,症例などをはじめとする医療情報の共有が重要視されており,各データの電子化及び共有化が積極的に進められている. このようなサービスを実現するシステムは,これまで多くの研究がなされているが,情報を1個所で集中管理するクライアント-サーバ型のネットワークシステム構築が一般的であった.そこで我々は,各Peer(病院)に分散化された情報を相互に共有し合う"医療情報流通プラットホーム"の研究開発を進めている.P2P型の構成は,処理負荷が分散する,比較的安価にシステムを構築できるなどの利点がある.このプラットホームにおいては,効率的な検索機構の開発とともに,安全な情報流通機構の開発が重要な課題となる.本論文では,上記プラットホームの実証実験のために構築したセキュリティ機構について述べる.セキュリティ機構の設計に際しては,上記プラットホームの特性を考慮するとともに,実用的な処理時間でコンテンツ提供を達成することを目標とした.また実装したセキュリティ機構について,実運用における処理負荷を想定し評価を行うことにより,その有用性を示した.