パケットの観測とヘッダ編集機能の実時間動作を実現するアクティブネットワーク用装置の実装

室岡 孝宏  橋本 仁  高橋 紀之  宮崎 敏明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.2   pp.330-343
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: 通信・マルチメディア
キーワード: 
パケット編集,  パケット観測,  アクティブネットワーク,  画像ストリーミング,  

本文: PDF(867.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ネットワーク回線を流れるパケットの流量観測と,アプリケーションに応じた多様なヘッダ編集を1 Gbit/sの回線速度で実行するアクティブネットワーク用装置(A-BOX)を実現した.ヘッダ編集機能は,特定のヘッダフィールドのデータの置換という粒度に抽象化し,それらをパイプラインに組み合わせることで,高速性と柔軟性を実現可能な形態とした.観測機能は,ヘッダ編集の一要素としてパケット長を積算するカウンタをパイプライン上に配置することで実現した.A-BOXは,パケットヘッダ編集機能を低遅延かつ,1 Gbit/sのワイヤースピードで実行可能であることを確認した.応用実験では,1ミリ秒の時間分解能を有するトラヒック量遷移波形モニタ機能と,1000受信端末へのストリーム配信機能を,A-BOXで実現し,性能評価を通じて装置構成の妥当性を確認した.