ディジタル家電向けプロセッサコアの開発

荒川 文男  山田 哲也  岡田 崇  石川 誠  近藤 雄樹  小沢 基一  兒玉 征之  西井 修  服部 俊洋  亀井 達也  西本 順一  吉岡 真一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.2   pp.125-133
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: VLSIシステム
キーワード: 
ディジタル家電,  組込みプロセッサ,  コスト,  消費電力,  柔軟性,  

本文: PDF(618.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,携帯電話,ディジタルカメラ(DSC/DVC),カーナビ等のディジタル家電向けの組込みプロセッサ市場が急成長している.組込みプロセッサはコストと消費電力の厳しい制約の中で高い性能を達成しなければならない.また,様々な機器の様々な要求にこたえる柔軟性をもたせることも重要である.本論文では,こうした背景のもとで開発したSuperHアーキテクチャの最新プロセッサコアSH-Xを紹介する.SH-Xは低電力版では360 MIPS,80 mW,4500 MIPS/Wという高い電力性能比を達成し,標準版では400 MHz,720 MIPS,2.8 GFLOPS,36 Mポリゴン/秒を達成している.更に,待機時リーク電流は,スタンバイ前の状態に3 msで高速復帰できるリジュームスタンバイモードで100 mA,リセットから再起動するUスタンバイモードで10 mAと低く抑えている.