Leveltモデルをもとにしたコミュニケーションストラテジーの分析

武井 直紀  赤堀 侃司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.1   pp.16-24
発行日: 2005/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (先進的教育・学習支援システム構築のための基礎理論論文特集)
専門分野: 基礎理論
キーワード: 
コミュニケーションストラテジー,  学習支援システム,  言語産出,  心的処理モデル,  第二言語教育,  

本文: PDF(235.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コミュニケーションストラテジー(CS)は,学習者に自然なコンテクストを提供するために,有用な手段である.本研究では,Leveltの言語産出モデルをもとにした,CSの心的処理モデルを提案した.更にこのモデルをもとに,語用論の観点から分析した.分析の結果,(1)各タイプのCSは,その処理の難易度と,語用論的な適切さから見た順位に差があること,(2)一般に優先順位の高いCSは処理の難易度が高いこと,(3) CSが学習上重要なのは,その心的処理過程で適切な語の選択のために,コンテクスト情報の処理や,概念操作をするためであり,そのことがCSが,良好な学習コンテクストを提供できる理由の一つであること,などの知見を得た.CSを用いた学習支援システムでも,そのような処理過程を引き出すために,適切なレベルのタスクを選ぶことと,適切な指示を学習者に与えることが必要であろう.