メディアプロセッサを応用したブロードバンド端末のソフトウェア設計手法

小島 啓二  西岡 清和  川口 敦生  薦田 憲久  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1   No.12   pp.1740-1749
発行日: 2005/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: システムプログラム
キーワード: 
ブロードバンド端末,  設計手法,  メディアプロセッサ,  多目的最適化,  

本文: PDF(758.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文ではブロードバンド端末設計における問題点である,絶え間ない新規格の出現などによる仕様確定の困難さを解決するため,出荷後の機能追加変更を考慮した新しい端末設計手法を提案する.本設計手法では,メディアプロセッサの適用により,端末機能を映像処理部も含めてソフトウェア部品化し,機能追加をネットワーク経由のソフトウェアダウンロードによって行う.機能の追加変更の際に同時実行されるソフトウェア群が消費するハードウェア資源の総量が実資源量を超えてリアルタイム応答性が低下し,端末機能が損なわれる問題を考察し,各ソフトウェア部品の資源消費プロファイルと,サービスにおけるソフトウェア部品の並行実行度から,機能追加変更後の資源消費量を管理するためのフレームワークを与える.また画質等の品質パラメータをサービスの並行性に応じて動的に変更して消費ハードウェア資源量を制御してリアルタイム応答性を維持する方法を示した.本設計手法に基づくブロードバンド端末を試作し,初期設計に対して複数のサービス機能追加を試行し,その実現性と有効性を確認した.