指向性アンテナを用いた無線LANアクセスポイントの位置推定手法

佐藤 弘和  伊藤 誠悟  河口 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J88-D1    No.11    pp.1634-1647
発行日: 2005/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ユビキタス社会構築のためのネットワークに対する理論とその応用論文小特集)
専門分野: セキュリティ管理
キーワード: 
位置推定,  無線LAN,  指向性アンテナ,  セキュリティ,  

本文: PDF(868KB)>>
論文を購入



あらまし: 
近年,無線LAN技術の普及に伴い,無許可での無線LANアクセスポイントの設置などの問題が生じている.このような状況において,アクセスポイントの位置を特定したいというニーズは大きく広がってきている.例えば,無許可で設置されたアクセスポイントによる通信障害などの問題が発生した場合,ネットワーク管理者は原因となるアクセスポイントの位置を特定し,それを除去する必要がある.そこで本研究では無線LANアクセスポイントの位置特定の支援を目的とし,指向性アンテナを用いた位置推定手法を提案する.本手法は事前に作成した距離と受信側の方向に基づく電波強度のモデルを用いて位置推定を行い,それをユーザに逐次提示することでアクセスポイントの位置特定の支援を行う.距離と受信側の方向に基づく非対称なモデルを推定に用いることによって,距離のみに基づく対称なモデルに比べてアクセスポイントの存在確率分布をより速く先鋭化することができる.本手法に基づくアクセスポイント探索支援システムを開発し,それを用いて評価実験を行い,本手法の有効性を確認した.