ASK/CDMA方式を用いた近距離無線通信のための12 GHz CMOS変復調回路

車 承佑  古屋 英行  清水 由幸  春岡 正起  井田 司  松岡 俊匡  谷口 研二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J88-C   No.3   pp.187-194
公開日: 2005/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 集積エレクトロニクス
キーワード: 
近距離無線通信,  ASK,  CDMA,  CMOS,  インタフェース,  変復調回路,  

本文: PDF(766.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
チップ間近距離無線通信のための高周波変復調回路を提案する.小型化・低電力化や高ノイズ/干渉信号耐性を実現するためにASK/CDMA方式を用いた.送信回路は搬送波信号発生回路,スイッチ,バッファ,拡散符号生成回路で,受信回路は検波回路,積分回路,拡散符号生成回路で構成した.0.25 μm CMOSプロセスで試作した送受信回路の消費電流は電源電圧2.5 Vにおいてそれぞれ25 mAと1.35 mAであり,チップの実装面積は0.72 mm2と0.06 mm2である.評価より拡散符号長31, 搬送波周波数12.78 GHz, ビットレート7.35 Mbit/sの条件でダイレクト接続による送受信回路の変復調動作を確認した.