誘電体内に素子を装荷した軸対称型ファブリペロー多素子発振器

佐薙 稔  沖 哲也  中西 信人  藤森 和博  野木 茂次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J88-C   No.12   pp.1023-1032
公開日: 2005/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (マイクロ波論文(大学発)特集)
専門分野: 回路・デバイス
キーワード: 
マイクロ波,  電力合成,  ファブリペロー共振器,  軸対称TEM01nモード,  

本文: PDF(465.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロ波・ミリ波帯において,より多くの素子の出力を合成するために,誘電体内に固体能動素子を装荷した軸対称型ファブリペロー多素子発振器について検討した.これまでの実験から高効率な電力合成のためには素子間隔が約半波長でなければならないことが明らかになっている.よって,合成素子数を増やすために自由空間中よりも波長が短くなる誘電体内に素子を装荷した.境界要素法を用いた数値解析により素子マウント部の設計を行った.X-band領域での実験において,ガンダイオードを装荷した多素子発振器は安定に動作し,16個,22個及び24個の素子の出力を完全に近い高効率で合成することに成功した.