LDPC符号化時空間多重通信方式に関する一検討

秋江 優介  稲葉 之浩  岩波 保則  岡本 英二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.9   pp.1886-1891
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
MIMO,  BLAST,  低密度パリティ検査符号,  逐次干渉除去キャンセラ,  並列干渉除去キャンセラ,  ソート付きQR分解法,  最ゆう判定法,  

本文: PDF(794.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文ではMIMO(Multiple Input Multiple Output)通信路におけるLDPC符号化時空間多重通信方式に関し,受信機の多重化キャンセラとLDPC復号器による繰返し復号方式につき検討を加えた.受信機側では,多重化キャンセラ出力の軟値情報をLDPC復号器に受け渡し,またLDPC復号器出力のより精度の高い軟値情報を多重化キャンセラにフィードバックして反復復号を行い誤り率特性の改善を図る.このシステムにつき,多重化キャンセラのアルゴリズムである,逐次干渉除去キャンセラ法(Successive Interference Cancellation, SIC),並列干渉除去キャンセラ法(Parallel Interference Cancellation, PIC),ソート付きQR分解法(Sorted QR Decomposition, SQRD)及び最ゆう判定法(Maximum Likelihood Detection, MLD)の性能比較を行った.