簡易衛星追尾型2周波共用三角形パッチアレーアンテナ

田中 憲光  ヨサファット テトォコ スリ スマンティヨ  金子 謙一  石出 大輔  高橋 応明  伊藤 公一  山本 伸一  三浦 周  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.9   pp.1760-1771
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ブロードバンドワイヤレスのためのアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: アレーアンテナ・到来方向推定
キーワード: 
移動体衛星通信,  ETS-VIII,  ビーム切換,  三角形パッチアレーアンテナ,  2周波共用,  

本文: PDF(2.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ETS-VIIIを利用した移動体衛星通信実験に用いる移動局用アンテナとして開発した2周波共用三角形パッチアレーアンテナと,衛星通信実験へ向けて行われた衛星通信模擬実験について述べる.はじめに送受信の2周波共用と20 dB以上のアイソレーション,更に5 dBic以上の利得を確保するために,給電のON,OFFのみで方位角方向のみにビーム切換を行うアンテナについて,モーメント法を利用した数値計算と測定から検討した.次に実際に使用した場合における放射特性を把握するため,アンテナを実験車両の屋根に搭載し,高さ32 mの建物に設置した模擬衛星局からの電波を利用して衛星通信模擬実験を行った.実験によるデータの解析結果により,車両搭載時においても給電のON,OFFのみによりビーム切換が可能であることを確認し,本アンテナが有効であることを示した.