信号部分空間ブラインド抽出によるレーダ用アダプティブアレーアンテナ

紀平 一成  高橋 龍平  平田 和史  宮下 裕章  牧野 滋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.9   pp.1752-1759
発行日: 2005/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ブロードバンドワイヤレスのためのアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: アレーアンテナ・到来方向推定
キーワード: 
妨害波抑圧,  直交射影,  アダプティブアレー,  ブラインド処理,  レーダ,  

本文: PDF(928.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
レーダにおいて,所望波と比較して妨害となる電波の電力が大きい場合には,システムの性能が著しく劣化する問題がある.その対策として,本論文ではアレーアンテナを用いたブラインド型の妨害波抑圧方式を提案している.提案方式は妨害波成分からなる受信信号の相関行列の固有ベクトルから,妨害波の信号部分空間に直交する空間に射影する行列を求める.その後,所望波を含む受信信号ベクトルに対して射影変換を施し,その出力信号ベクトルの相関行列の最大固有値に対応する固有ベクトルを重み係数として,所望波成分を最大比合成することでSNRを向上させる.また計算機シミュレーションによる性能評価から,同じブラインド型処理のパワーインバージョンアダプティブアレーに比べて妨害波抑圧性能が向上することを示す.