DiffServにおいて違反レートを抑制するマーカの提案と評価

末松 利経  竹中 豊文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.7   pp.1267-1276
発行日: 2005/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: インターネット
キーワード: 
QoS,  DiffServ,  マーカ,  AF,  

本文: PDF(849.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年リアルタイムアプリケーションに対する要求が高まり,インターネットにおけるQoS保証の必要性が高まっている.IETFでは,こうした要求に対応してIntServやDiffServのQoS保証のアーキテクチャが提案されている.DiffServは,コアとエッジからなるアーキテクチャであり,コアにおいてはフローを意識しないAQMによるQoS保証によりスケーラビリティの確保を図っている.しかし,この方式では,TCPとUDPフロー混在時やエッジフロー間の公平性に問題があることが指摘されている.こうした問題を解決するために,本論文では,以下のポリシに基づくTSWを用いた3色のマーカ制御を提案する.(a)SLAに従う送信フローの保証,(b)SLAに違反する送信フローに対する違反度に基づいたパケット廃棄.この提案方式について,シミュレータ評価を行い,その有効性を確認した.