M分布と地域気候パラメータを用いた世界的な異積分時間降雨強度変換法の提案

伊藤 知恵子  細矢 良雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.5   pp.948-955
発行日: 2005/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
1分間降雨強度推定法,  M分布,  雷雨率,  地域気候パラメータ,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
10 GHz以上の周波数帯を用いる無線通信回線において,降雨減衰による伝送品質劣化が大きな問題となる.したがって,信頼性が高くかつ経済的な回線設計のためには,当該地域における降雨減衰分布をあらかじめ推定する必要がある.降雨減衰分布推定には,積分時間1分の降雨強度分布を知る必要があるが,一般に世界的にはAMeDAS(積分時間60分)のように長い積分時間でしか測定されていない.こうした長い積分時間の降雨強度分布から1分間降雨強度分布を推定するには,限られた地域や時間率に対する変換法はいくつか提案されているが,他の地域,あるいは他の積分時間に対して必ずしも適用できるとは限らない.日本においては,M分布を用いると60分間降雨強度分布を1分間降雨強度分布へ精度良く変換できることが示されている.本論文は,この変換法を世界的に適用する可能性を検討し,降雨強度自己相関への雷雨率などの地域気候パラメータの影響を考慮することで,その有効性を示すものである.