4巻線リアクトル方式ソフトスイッチングAC-DCコンバータの入力高調波電流特性の解析と設計指針

太田 裕之  松尾 博文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.3   pp.672-681
発行日: 2005/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信エネルギー
キーワード: 
4巻線リアクトル,  ソフトスイッチング,  高調波電流,  高効率,  高力率,  

本文: PDF(1.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
IEC規格のクラスDを満足する入力高調波電流抑制回路として4巻線リアクトル方式ソフトスイッチングAC-DCコンバータが提案されている.筆者らは先にこのAC-DCコンバータは広範囲な入力電圧に対して高効率,高力率であることを特長としていることを示した.本論文では,コンバータの入力高調波電流抑制回路の動作解析を行い,その動作特性と回路パラメータの関係を実験的及び理論的に明らかにした.その動作解析において,入力高調波電流抑制回路のインダクタ L1 及び4巻線リアクトル第3の巻線 N3 の電流が連続となる新たな動作モードについて議論した.そして L1 及び N3 の電流が連続になると高調波電流値が増加し,IEC規格のクラスDを満足しなくなる.このためこれらの電流の連続,不連続の境界が設計の指針を与え,これらの電流が不連続になるようにL1 及びN3 巻線数を設定することが設計上重要であることを示した.