動的なネットワーク構成変更に対応するIPルータ自動設定方式

堀 賢治  吉原 貴仁  堀内 浩規  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.3   pp.496-508
発行日: 2005/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (次世代ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: 機器の自動設定
キーワード: 
IPルータ自動設定,  ARCP,  DHCP,  ネットワーク構成管理,  

本文: PDF(554.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
中小企業や学校等の環境では,IPルータを用いたネットワークを適切に初期設定し,更にネットワークの動的な構成変更,具体的にはIPルータの追加や削除に対しIPルータを再設定するために十分な数のネットワーク管理者を期待できない問題がある.本論文では上記のような環境における管理作業負担削減をねらい,ネットワークの動的な構成変更に対するIPルータの自動設定方式を提案する.管理サーバを用いてIPルータを自動設定する従来方式ARCP(Automatic Router Configuration Protocol)はIPルータの削除時や,同一セグメントにIPルータ3台以上を接続した場合におけるIPルータ構成情報の変更処理に問題があり,更に運用開始前に管理サーバ上に設定すべき個所が多いため,管理作業負担の削減効果も小さい問題があった.本論文では新たに提案する拡張ARCPによってこれらの問題の改善を図る.想定環境を考慮したネットワーク上での従来方式と拡張ARCPとの机上比較及びシミュレーションによる評価の結果,拡張ARCPは上述の問題を改善し,また管理サーバに設定する個所を従来方式より30%多く削減できる.