適応アルゴリズムに基づきピークレベル制御を行うピーク抑圧方式

佐野 裕康  久保 博嗣  村上 圭司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.2   pp.421-431
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
ピーク抑圧,  適応アルゴリズム,  変調,  マルチキャリヤ,  帯域外ふく射,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,適応アルゴリズムに基づき,変調信号のピークレベルを制御することにより,ピーク電力の抑圧と帯域外ふく射電力の低減が可能な適応ピーク抑圧方式(Adaptive Peak Power Reduction Scheme:APPR)を提案する.提案方式は,クリッピングのような急激な非線形処理を行わず,適応アルゴリズムに基づき算出されたゲインを変調信号に乗じるため,変調信号のピーク電力の抑圧と帯域外ふく射の低減を同時に実現できる.更に,提案方式は,変調信号のスペクトル形状に依存せずにピーク抑圧が可能なため,ピーク電力の大きな変調信号を有する様々な無線通信システムに適用可能である.提案方式の有効性を評価するため,変調信号にピーク電力の大きいOFDM信号を用い,計算機シミュレーションにより,良好なピーク抑圧効果を有することを明らかにする.