Unstructured型P2Pネットワークにおける検索メッセージ転送方式

阿武 孝文  朝香 卓也  高橋 達郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B    No.2    pp.372-382
発行日: 2005/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
Unstructured型P2P,  Gnutella,  ネットワークポジショニング,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文ではリソース検索の際にネットワークに大きな負荷を与えるUnstructured型P2Pの検索メッセージ転送方式を改善し,シミュレーションにより評価する.本論文で提案する方式はP2Pネットワークに参加するピア間のRTT(Round Trip Time,往復遅延時間)をピア間の距離としてとらえ,それが再現される仮想座標空間に各ピアをマッピングする.その仮想座標空間内で検索メッセージの転送方向を維持することでネットワーク負荷を削減する.本論文で提案する方式によりネットワーク上での検索メッセージの移動距離の総和をGnutellaオリジナルの転送方式のおよそ1割程度にまで削減できた.