FMICWレーダにおけるスタガPRIを用いた干渉抑圧の検討

稲葉 敬之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.12   pp.2358-2371
発行日: 2005/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
レーダ,  FMCW,  干渉波,  スタガPRI,  

本文: PDF(963.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
比較的低速な信号処理で高分解能が得られるレーダ方式としてFMCW(Frequency Modulated Continuous Wave)レーダがある.筆者らは送受のアイソレーション確保,近距離不要波対処などのためにFMCWレーダの送受信を切り換えてパルス化したFMICW(FM Interrupted CW)レーダによるクラッタ対策について報告した.本論文では,FMICWレーダが探知距離内にふくそうするような状況における干渉対策としてパルス繰返し時間(PRI:Pulse Repetition Interval)をパルスごとにランダム化するFMスタガPRI方式を提案する.FMスタガPRI方式での目標信号の定式化を行い,最大探知距離などの要求条件から平均PRI,スタガ可能な範囲等の条件を示すとともに,計算機シミュレーションにより平均PRI,パルス幅,干渉波数,入力S/I(Signal to Interference ratio)などを変数として出力S/Iの統計的評価を行いFMスタガPRI方式の有効性を示す.