複数レイヤでの部分測定を用いたP2Pファイル共有アプリケーションの規模推定

亀井 聡  内田 真人  森 達哉  高橋 豊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J88-B   No.11   pp.2171-2180
発行日: 2005/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ユビキタスサービスを支えるネットワーキング技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
P2P,  トラヒック,  ファイル共有,  ネットワーク測定,  アプリケーションレイヤ測定,  

本文: PDF(825.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ウェブの次代を担う技術として,P2Pや分散コンピューティングを代表とするインターネット上でオーバレイネットワークを構成する自律分散型システムの普及が目覚ましい.このような大規模システム上ではその性質上,アプリケーションの内部プロトコルを変更することなしに,その全体の特性を測定することは困難である.本論文では,P2Pアプリケーションに汎用的に適用可能な測定法と,一部にその測定法を適用し得られた測定結果から,P2Pネットワーク全体の挙動や規模の推定を行うための汎用的な手法を提案する.更に実P2Pネットワークに本手法を適用し,その有効性を具体例で示す.