マルチユーザOFDMシステムのビットレート最大化

田瀬 博幸
大野 修一
雛元 孝夫

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J88-A    No.3    pp.364-372
発行日: 2005/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 移動情報通信・パーソナル通信
キーワード: 
OFDM,  ビット割当,  OFDMA,  周波数選択性フェージング,  

本文: PDF(519.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
複数ユーザに同時通信を行うことができる下り回線OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)では,適切にサブキャリヤ及び送信パワーをユーザへ分配することで,システムの性能を向上することができる.本論文は,一定のビットエラーレートを保証し,各ユーザへの送信パワーの上限を設定するとき,すべてのユーザへのビットレートの和を最大にすることを目的とするアルゴリズムを提案する.このビットレート和最大化問題を直接解くことは困難であるため,まず離散値であるビットを連続変数に置き換え,最適ビット割当問題を凸最適化問題に拡張する.次に,この凸最適化問題を数値的に解くことで,ユーザへのサブキャリヤ分配を決定する.そして,決定したサブキャリヤ分配に対し,各ユーザごと独立に離散ビット割当を求める.数値シミュレーションにより提案アルゴリズムの有効性を示す.