多値数の高い変調方式を用いたターボトレリス符号化変調のハードウェア復号器

正本 利行  越 健一  田村 将大  荻原 春生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J88-A    No.12    pp.1515-1525
発行日: 2005/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 符号理論
キーワード: 
ターボ符号,  トレリス符号化変調,  ハードウェア,  復号器,  

本文: PDF(1.8MB)>>
論文を購入



あらまし: 
多値数の高い変調方式を用いたターボトレリス符号化変調(ターボTCM)のハード ウェア復号器の実現について検討する. 多値数が高いことによって復号処理量が増大する問題を避けるため,Max-log MAPをベースにした簡易復号アルゴリズムを考え,それを高速に実行する方法を 提案する.提案する復号方法を用いると,特性の劣化なしに,計算量を Max-log MAPの 1/25 程度にできる(要素符号器の状態数8, 入力ビット数7の場 合).また,ハードウェア復号器を実現するために,各変数に必要なビット数を 明らかにする.更に,パスメトリックモジュールの効率的な設計方法を 明らかにする.このような検討に基づくハードウェア復号器の設計例とし て256-QAM変調のターボTCM復号器の設計を示す.