言い換えを利用したリスピーク方式によるスポーツ中継のリアルタイム字幕制作

松井 淳  本間 真一  小早川 健  尾上 和穂  佐藤 庄衛  今井 亨  安藤 彰男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D2    No.2    pp.427-435
発行日: 2004/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
字幕放送,  音声認識,  リスピーク,  発話スタイル,  言い換え,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
スポーツ中継番組の字幕放送を,音声認識によって拡充するため,放送音声を積極的に言い換えるリスピーク方式を提案する.ソルトレークシティオリンピック中継のスキージャンプ団体の放送音声と,本方式により言い換えを行った字幕用音声をそれぞれ音声認識した結果,単語正解精度が45.6%から96.8%に改善した.また,リスピークにおいて積極的に言い換える効果を調べるため,実際の字幕放送と同様の条件下で採取した発話内容について言い換えのパターンを五つに分類し,それぞれのパープレキシティ削減率を比較した結果,語の補完による言い換えが7.3%と最も効果が高かった.字幕放送の実質的な性能を左右する文正解率については,言い換えがおうむ返しによるリスピークに比べて,スピードスケートで8.8%,スキージャンプで6.6%向上した.NHKでは,本方式を利用することにより,口語的な発話スタイルを多く含んだソルトレークシティオリンピック中継(2002年3月),及び,第52回NHK紅白歌合戦(2001年12月)の字幕放送を実現させた.