マンモグラムにおける乳腺の集中を伴う構築の乱れ領域の自動検出法

市川 徹子  松原 友子  原 武史  藤田 広志  遠藤 登喜子  岩瀬 拓士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D2   No.1   pp.348-352
発行日: 2004/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集レター (医用画像技術の最先端論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
構築の乱れ,  マンモグラム,  乳腺の集中,  コンピュータ支援診断,  自動検出,  

本文: PDF(472.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
乳腺の集中を伴う構築の乱れ領域の検出手法を提案する.本手法の乳腺集中を伴う症例に対しての真陽性率は84%(37/44),1画像当りの偽陽性数は1.8個(81/44)であり,提案する手法の原理的な有効性が確認できた.